暇なら旅に出よう

旅とか日々感じたことを。

フリーターの俺が「最悪で辛いアルバイト」5つの体験談を書いてみた。

f:id:himatabi:20180826004009j:plain

はい、どうもこんにちは。

今日はみんな大好き「アルバイト」のお話。

わたくし暇人ニートは、今まで30箇所以上でアルバイトを経験してきました。

なぜでしょうか?

その答えはとても簡単です。

就職をしたくないからでございます。

就職をしたくないがために、色々なアルバイトを渡り歩いてきたこの私ですが、どうやらこの経験がやっとみなさんのお役に立てる時が来たみたいです。

一見、無駄に思えたアルバイト生活も、この日のためにあったように思えます。

さて、前置きが長くなってしまったので、そろそろ本題に入ろうと思います。

今回は、私が今までやってきた、「辛くて最悪なアルバイト」の感想をひたすら書いてく記事です。

どうぞお楽しみください。

 

1.工場の単純作業

オススメ度 ★☆☆☆☆

まず初めは、工場作業のアルバイトです。

私が人生で、初めてアルバイトを経験した場所でもあります。

結論からいうと、クソ&クソな職場でした。

仕事内容なんですが、右から流れて来る本を、ダンボールにパンパンに詰めて左に流す、というお仕事です。

もうね、ムーディ勝山じゃねーんだから。

この短い説明だけでも、つまらない仕事というのがおわかり頂けると思います。

ちなみに、この職場には、まともに会話をできる人は一人もいませんでした。

若者の皆さんにこれだけは言いたいです、「単純作業の工場バイトは絶対にやるな。」

頭を一ミリも使わない職場で3日も働いていると、脳みそが溶けていくのが分かります。

「ロボットの気持ちを知りたい!」という人は、一度経験してみてもいいでしょう。

 

2.立体駐車場の係員

オススメ度 ★☆☆☆☆

はい、名前からしてつまんなそうですね。

その通りです、めちゃくちゃつまんなかったです。

まず仕事内容なんですが、お客さんが車庫に車を入れるときに「オーライ、オーライ」を言うだけの簡単なお仕事です。

私が働いていたところは、お客さんが一時間に5台程度しかこなかったので、基本的にはパイプ椅子に座って、職場仲間のおっさんと会話をするだけでした。

「それなら楽でいいじゃん!」と考える人もいるでしょうが、話も合わないおっさんと8時間も同じ空間にいないといけないんですよ。

それのどこが楽でしょうか?

スマホをいじれるならまだ我慢できますが、もちろんそんなことは許されません。

ここで働いていた時は、一分が一時間のように感じました。

まあどうせこの仕事も、数年後にはAIで無人化されるでしょう。

 

3.工事現場の日雇い

オススメ度★☆☆☆☆

はい、この仕事はそもそも良いイメージはないと思います。

私も悪いイメージしかありませんでした。

そして実際に働いてみて、悪いイメージのまま終わりました。

仕事内容ですが、毎朝5時に起きて集合場所に向かいます。

そして現場に着いたら、ダラダラと始まる朝礼。

そのまま意味の分からないラジオ体操。

仕事を始める前のタバコ休憩では、周りの人はギャンブルの話しかしません。

そして8時間みっちり肉体労働。

家に帰ったら筋肉痛で何もできません。

体力に自信がある方はいいですが、それ以外の方はおすすめできません。

 

4.イベント会場の設営

オススメ度★☆☆☆☆

はい、この仕事も日雇いですね。

まず、夕方の5時にビックサイトに集合します。

集合場所に行ってみると、まともに会話をできる人が一人もいません。(俺を含め)

正直言って、この時点で日雇いのアルバイトは辞めようと思いました。

日雇い労働者が集まった、独特な雰囲気の職場にいると、生気を吸い取られているような気がしました。

仕事に必要なコミュニケーションすら取れない人が大勢いるので、ある意味社会勉強にはなりましたが、もう二度と行くことはないでしょう。

仕事内容は、パネルを組み立てるだけです。

1現場に1人は正社員がいるのですが、その人は日雇いのことを奴隷としか見ていません。

名前ではなく、「おい」と呼ばれ、アゴでいいように使われます。

正社員は日雇いを見下し、日雇いは正社員を恨む。

最悪の構図がそこにはありました。

社会の最底辺を見たい方はぜひ働いてみてください。

 

5.コンビニエンスストア

オススメ度★☆☆☆☆

最後にご紹介するのは、もう二度と死んでも働きたくない、コンビニエンスストアでございます。

これはもうご存知のかたも多いかと思いますが、コンビニは時給が低い割に、仕事がとても多いです。

しかし、私が言いたいのはそんなことではございません。

全てを差し置いて、コンビニバイトを二度とやりたくない理由が一つだけあります。

それは、客のレベルの低さです。

たかが数百円の買い物で、神様気取りのバカが多いこと多いこと。

ちょっとレジで待たされたり、些細なミスでブチ切れられるのは日常茶飯事です。

そして、それをすべて迎合してしまうようなマニュアルを作ってしまう本社。

利用者だけが便利で、現場で働いているものだけ辛い思いをしてます。

コンビニに来る客は、タメ口でスマホをいじりながら対応するくらいで丁度良いと思うのは私だけでしょうか?

早くコンビニが無人化になるのを祈るばかりです。

 

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございました。

さて、散々色んなアルバイトをディスってしまいましたが、今ではこれらのアルバイトを経験してきて良かったと思っています。

もちろん辛い経験の方が多かったですが、学べることもたくさんありました。

また、多くの人が経験するようなことではないと思うし、話のネタにもなりますからね。

興味のある方は、ぜひ今回出てきたアルバイトに挑戦してみてください。

それでは。