暇なら旅に出よう

旅とか日々感じたことを。

俺にとっての自己表現てなんだろう?ダラダラと書いてみた。

f:id:himatabi:20180908011255j:plain

なんも書くことねえ。

本当になんも書くことが無くなった。

ブログを始めてから3ヶ月、自分の人生をすべてこのブログに書いてきたつもりだが、100記事にも達していない。

俺の人生はこんなもんだったのか。

そんなことさえ思い始めている今日この頃。

まあどうでもいいか。

誰も読んでねーだろこんなブログ。

だからこれからはもうダラダラ書いていこうと思う。

正直言って、PV数が増えるのは嬉しい。

でもPV数が増えるような文章を書いている時は非常につまらない。

きっと、真実を誇張して、ありのままの自分を書いていないからだろう。

ライフハック系や、人生はこうすれば上手くいく!みたいな記事はネットに山ほどある。

それの2番煎じというか、似たような記事を書くことに果たして意味はあるのだろうか?

もちろん、自分の考えをありのまま書き綴り、ネットに投稿するのは、俺にとっておもしろいし大切なことだが、一度どこかで読んだことのあるような記事を、上書きするように自分の文章で書くことに意味はあるのだろうか。

まあ、意味はあるか。

少なくとも、記事を書いていると、自分の頭のなかで考えていることが整理され、すっきりする。

だからこうして、ダラダラと続けているのだろう。

今までの人生で、ここまで何か一つのことを続けたことはなかった。

仕事も趣味もいろんなことに手を出していったが、何一つ続かなかった。

あ、旅は唯一続いているかな。

まあ、でも旅とブログくらいだね。

旅はもう自分の体の一部と言えるくらい、俺の人生に馴染んできたが、ブログはまだまだといったところだろう。

そもそも俺はなんでブログを初めたのだろうか?

確か、自分の頭の中に残っている旅の記憶を、このまま自分の脳みその中だけで終わらせたくなかったんだろう。

誰かに共有して、知ってもらいたい。

そういう欲望があったに違いない。

いわば自己表現というやつだ。

最初の頃の記事は、ほとんど写真ばかりで、文章はこれっぽっちも書いていなかったが、最近はもっぱら文章だけといったところだ。

写真も自分で撮ったものではなく、ネットで拾ったフリー素材を使っている。

何故かと言うと、写真にあまり自己表現の価値を感じないからだ。

こんなことを言うと、プロのカメラマンさんに怒られてしまいそうだが、私は文章のほうが、自分の頭の中をもっと見せれると思っている。

文章は、一字一句に描くひとの性格や考え方が反映されると思っている。

ブログは英語で書いたほうが、沢山のひとに見られるだろうが、細かいニュアンスや言葉の深みを出すには、日本語の方がいいだろう。

そもそも、自己表現に大事なのは、見てくれるひとの数ではなく、どんな人が見てくれて何を感じ取ったかではないのかと思う。

例えば、私の例で言うと、超有名なひとの言葉でも全然心に響かない時もあれば、まだ日本人のごく一部しかしらないであろうブロガーの人の言葉のほうが心に響くことが多々ある。

これは、私が生まれつきひねくれた性格だからだろうか?

まあなんにせよ、見てくれる人の数に左右されず、自分が書きたいことを書いて、読んでくれた人が何かを感じ取ってくれたら嬉しい。

それには、とにかく続けることが大事だと思う。

 

さて、散々ブログの話をしてきたが、正直なところ、俺が本当にしたい自己表現は音楽なのかもしれない。

というのも、世の中に自己表現の方法は数あれど、その中でも音楽は最強だと思っているからだ。

ここまで脳に直接入り込んでくる表現方法が他にあるだろうか?

まるで歌っているひとの魂が、自分の体に乗り移ってくるかのようだ。

特に私はHIP HOPが大好きなのだが、好きなアーティストのライブに行くと、自分の魂が震えるのがわかる。

アーティストの声や表情、仕草、スピーカーから流れる大音量のサウンド、ここまで人を魅了することができる表現が他にあるだろうか?とさえ思ってしまう。

ライブが終わると、毎回「いつかは俺もあの舞台に立ちたい」と強く思う。

ライブの躍動感をステージで感じてみたい。

自分が歌い、客が沸き立つ瞬間はどんな気分なのだろうか。

気になって仕方がない。

死ぬまでには、絶対にあのステージに立ってやろうと思う。

 

でも現実は以外にも厳しい。

たまに、you tubeでHIP HOPのフリートラックを見つけては、歌詞を書いて歌っているが、レコーディングの仕方がわからん。

まあ、機材を買えばできるんだろうが、いろんな国をフラフラしているので、中々できない。

しっかりとした曲を一つ作っておいて、いつかはレコーディングをしたいとは思っている。

もちろんスマホでも録音はできるが、音質が悪くて聞けたもんじゃない。

しかし、とにかく歌っている自分の声を聞きまくるのは大事らしいので、スマホレコーディングも続けようと思う。

 

さて、これまで自己表現の方法で「ブログ」と「音楽」をあげてきたが、実は他にも興味のある分野は沢山ある。

「映画」や「絵画」、最近流行りの「You Tube」なんかも気になる。

映画なんかは、言ってしまえば、すべての自己表現が詰め込まれているといっても過言ではないだろう。

一つの作品に、自分の考えを詰め込める、実にかっこいい自己表現だ。

絵画も、非常に自由度の高い表現方法だと思う。

白いキャンパスに何を書こうが自由。

いや、もはや白いキャンパスだけではないだろう。

建築物や、バーチャル、表現する人にとっては、この世のすべての物がキャンパスなのかもしれない。

そして、暇さえあれば見ているYou Tube

ここには本当に沢山の個性的なクリエーター達がいる。

普段の何気ない生活を写す人や、旅で出会った絶景をみせてくれる人。

何しろ、いつまでも見ていられる。

動画での表現も挑戦してみたい分野のひとつだ。

 

このように、やりたい自己表現は沢山あるが、とりあえずはブログを基盤にやっていこうと思う。

まずは一つの事を続けながら、徐々にできることを増やしていく、といった感じだ。

これからも、感じたことや、考えたことはどんどんブログに書き続けようと思う。

それでは。