暇なら旅に出よう

旅とか日々感じたことを。

オーストラリアのワーホリに行く前の気持ち。俺はただ海外に長期滞在したいだけ。

f:id:himatabi:20180909111027j:plain

どーも、こんにちは。

オーストラリアにワーホリ計画中の暇人でございます。

しかし、まだビザが下りません。

まあ、どうにかなるっしょ。

そんな軽い気持ちでございます。

そもそも、ワーホリに対して熱い気持ちなんてものは、これっぽっちもありません。

「バリバリ働いて稼ぎまくるぞ!」とか「1年で英語ペラペラになってやる!」なんていう気持ちはさらさら無いです。

ただただ、海外に長期で住んでみたいがためのワーホリでございます。

めちゃくちゃ意識低いです。

たぶん飽きたら途中で帰ります。

というか他の国に行きます。

そもそもオーストラリアはワーホリ制度がなかったら、旅行ですら行かないような国だったと思います。

日本から遠いし、物価は高いし、アジア人差別ありそうだし。

まあ、これは全部俺の勝手な想像ですけどね。

事実かどうかはわかりません。

まあ実際に行って、この目で確かめてやろうと思います。

 

そもそも、なんで俺はワーホリに行こうと思ったのか。

正直、2年くらい前からずっと行こう行こうと思ってたけど、中々踏ん切りがつかなかった。

たぶんビビっていたのだろう。

「あっちに行って、馴染めなかったらどうしよう」とか「途中で耐えられなくなって、帰ってきたらカッコ悪い」とか、頭の片隅にネガティブな考えが頭の中にあった。

でも、今となったらそんな事はどーでも良くなってる。

あっちの外国人と馴染めなかったら、とことん日本人と遊んで帰ってくればいいし、オーストラリア自体に居たくなくなったら、近くにパプアニューギニアに逃げればいい。

なにしろ気楽にいこうと思う。

たまーに、「ワーホリ行って何してたの?笑」「結局日本人とつるんで遊んでただけでしょ?」と、ひたすら煽ってくるやつがいるが、フルシカトしようと思う。

「うるせえよ。遊んで何が悪いんだよ。」と堂々と言ってやる。

英語なんて勉強しないで楽しんでやるってんだよ。

やばい、なんかやさぐれてるわ。

 

まあ、身も蓋もないことを言ってしまうと、そもそもオーストラリアでもワーホリじゃなくてもいいんだよね。

とりあえず海外に長期で滞在できれば、それでいいのさ。

今の生活は、日本で稼いでは海外に長期滞在するっていう生活で、どうしても金がなくなったら日本に帰らないといけない。

それが嫌だから、ワーホリなんだよね、

いちいち日本に帰るのがめんどくさいのよ。

こんだけ、海外に住みたいって言ってると、「どんだけ日本嫌いなんだよコイツ」って思われそうですが、俺は日本がめちゃくちゃ好きです。

日本に帰る度に、「うっわ、日本最高やな!」って思ってます。

飯も美味いし、街並みとかどこの国より好きだし、トイレ綺麗だし。

じゃあなんで大好きな日本からそんなに離れたがるのか?

その答えは一つです。

日本にいるとなんもしなくなるから。

努力という努力を一切しなくなる。

日本は言葉も通じるし、仕事もすぐに見つかる、住むとこだって簡単に見つけられる。

すると、変化のない生活が生まれちゃうんですよね。

だから、言葉の通じない国にずっといれば、おのずと言葉も覚えるだろうし、異国で生き抜くための努力もするだろうといったところだ。

俺は、自発的に何かをできるタイプではないので、環境を変えるのが最も大事なんです。

もちろん、「海外にいるだけでは英語を話せるようにならない」という意見には、同意する。

しかし、「海外に行かないと、一ミリも英語は上達しない」という、俺のような人間もいるという事を忘れないで頂きたい。

英語に触れる機会があるから勉強するのであって、英語を一切使わない生活をしていれば、勉強しなくなるのは当たり前なのである。

じゃあ、海外に住んだら英語をバリバリ勉強するか?といったらそれは嘘になる。

おそらく、必要最低限の言葉しか勉強しないだろう。

でもそれでいい。

日本にいる時よりは勉強すると思うから。

 

散々英語の話をしたが、もちろん海外に住む理由は英語だけじゃない。

文化の違いや、街並みの違い、見たことのない食べ物が、テレビゲーム以上の刺激を俺にくれる。

初めて行く国に、飛行機が降り立った瞬間の高揚感は、何者にもかえがたい。

自分の体の五感を刺激してくれる、唯一の行為と言っても過言ではないだろう。

だから俺は異国に行く。

それでは。