暇なら旅に出よう

旅とか日々感じたことを。

その友達は本当に必要ですか?いらない関係はどんどん切っていこう。

f:id:himatabi:20180910111052j:plain

旅に出るようになってから、仲のいい友達の種類がガラッと変わった。

というより、本当に必要な友達以外いなくなったという方が、正しいのかもしれない。

地元だけで働いて、地元だけで遊んでいた時は、地元の友だちがすべてだった。

自分にとって、どうでもいい奴や、性格が合わない奴なんかとも遊んでた。

でも、その時は本当に視野が狭かったのかもしれない。

旅に出てから、出会いの数が増えて、今まで会ったことのないような人間に出会って、俺のまだ知らない、こんな世界に生きている人がいるんだって、ひどく感動したのを覚えてる。

それは、地元の奴がつまんねえ嫌な奴ばっかりだったというわけじゃなくて、ただ俺の考えと違ったていうだけだ。

旅に出る前は、よく遊んでいた友達も、今では全然連絡すら取らない。

というか、今後一緒に遊ぼうと思わない友達の連絡先はどんどん消していった。

そしたら、地元には1人だけしか友達は残らなかった。

でも正直それだけで大満足だ。

正直0人でも良かったくらいだ。

中学、高校の友達が、いかに狭い空間だったかというのが痛感させられている。

この狭い空間が、人生の9割を占めてしまっている今の中高生は不憫でならない。

たまたま気が合う友達がいればいいが、たかだか何百人しかいない「学校」という、狭い箱に閉じ込められれば、そりゃ学校にも行きたくなくなるさ。

 

俺が小さい頃、先生に「学校は生涯の親友をつくるところ」と言われたが、そいつをブン殴ってやりたい。

大切な出会いなんて学校以外に山ほどある。

むしろ、学校を卒業してからの方が断然多い。

でもそれを学校は教えちゃくれない。

今現在、俺が今後も大事にしていきたい友達は、みんな学校の外にいた人だ。

 

まあ、なんにせよ今後も「いらない友達」は容赦なく切っていこうと思う。

それは自分のためにもなるし、相手のためにもなる。

自分の人生なんだから、生きてる間はなるべく好きな人と一緒に居たいのは、みんなも同じだろう。

これは、嫌いな友達のせいで色々と縛られている人にも言いたいことで、邪魔だと思う友達はどんどん連絡先から消した方がいい。

残っていても何のメリットもない。

確かに、今まで付き合いの長い友達との関係を終わらすのは、勇気のいることだ。

でも、頑張って終わらせたら、それ以上に素敵な出会いがあなたを待っている。

これは何にでも言えることだけど、今自分が持ってるものを捨てないと、新しいものは入ってこない。

人間の手はそんなに多くないからね。

 

俺の場合も、地元の友だちがいなくなったら、世界中に友達が増えた。

もちろん、一年に一度会えるか会えないかの友達だが、ちょくちょく連絡を取るだけでも楽しい気分になる。

世界に散らばった友達から連絡がくるのが、地元の友達から飲みに誘われるよりも、何百倍もうれしい。

これは海外にいる人が頭がいいからとか、世界の情報をくれるからとかじゃなくて、自分と考えが似ている友達だから嬉しいんだ。

一年前、最後に行った地元の飲み会は最悪だった。

飲みたくもない酒を飲まされ、あとは地元のアイツがどこの会社にいて〜とか、うちの上司が最悪で〜みたいな、本当に心の底からクソどうでもいい話を聞かされる苦痛はもう二度と経験したくない。

地元から一度も出たことがない奴ほど、そういう話をしたがる。

きっと見てきた世界が地元だけなんだから、じょうがないんだろう。

だから俺は、そういう人たちから距離を置こうと決めた。

好きでもないし、嫌いでもない、ただただ関わり合いたくないのだ。

 

これからも、出会いを大切にすることと同じくらい、自分に必要のない友達との関係を切っていくのも、大切にしていこうと思う。

結局のところ、人間は周りにいる人に左右されちゃうからね。

どうせなら、自分で選んだ環境に身を置こうと思う。

それでは。