暇なら旅に出よう

旅とか日々感じたことを。

100記事を書いてみての感想。私がブログを書いている理由。

f:id:himatabi:20180913081931j:plain

このブログも、今回で遂に100記事に達した。

意外と早かったな〜という印象。

でも、最初の方の記事は、ほとんど写真ばかりで、内容が薄いからな〜。

じゃあ今は、内容の濃い記事を書けているかと聞かれると、そうでもないんだけども。

とにかく、一つの区切りとして100記事を迎えれて嬉しい。

 

そもそも旅行記として始めたブログなんだけど、今では俺の考えや、日常を垂れ流す雑記ブログに移り変わっている。

というのも、旅行記だけにしてしまうと、旅に出ないとブログを一切書けなくなってしまうと気がついたからだ。

あと、ブログを続けていたら、意外と旅以外でも書きたいことが増えてくるんだよね。

最近の傾向としては、もはや自分の行動と、それに伴った自分の感情の記録でしかないと思っている。

感覚としては、俺が適当に書いた日記に、世界中の人がアクセスできるといった具合だろう。

どこに需要があるのかわからないが、とりあえず書き続けようと思う。

いや、そもそもただの日記だから需要とか考えなくていいのか。

読み手の意識とか、需要とかを考えなくていいから、ここまで続けてこれたのかもしれない。

これからも適当に、俺の考えを、俺の言葉で、インターネットの海に垂れ流していこうと思う。

 

しかし、今考えると、昔の自分と今の自分の、急な変化にとても驚いている。

というのも、昔は自分の考えや人生を、誰かに伝えるなんてことは、あまりしなかったし、しようとも思わなかった。

自分自身に、そんなにおもしろい情報や、波乱万丈なストーリーを持っている訳でもないのに、頑なに秘密主義を保っていたかと思うと、かなり寒気がする。

きっと、かなりの自意識過剰だったのだろう。

「俺の情報が悪用されるかもしれない」とか考えていたけど、基本的に人っていうのは、自分以外に興味がないということに気がついて、もうどうでもいいやと思ったのは覚えている。

そんなこんなで、今となっては、自分の考えを世界中に発信している訳だ。

いや、発信と言ってしまえばカッコよく聞こえるが、俺にはやっぱり「情報の垂れ流し」という表現の方が似合っている気がする。

基本的に、このブログには、人の役に立つようなことは書いていない。

じゃあどのような層に見てもらいたいのかというと、特にないのだが、強いて言うなら「夜中に寝れない人が、何も考えたくない時に見るブログ」っていうのが当てはまるかもしれない。

「まーたこいつ変なこと言ってるよ。」って思われるぐらいの、ゆるい感じのブログにしていきたい。

だから、見に来る人もそんなに増えなくていいかな。

今はちょっと少な過ぎるけど、めっちゃ増えてもロクなことないんでね。

だから、今回は100記事記念でこういう記事を書いたけど、「よっしゃ、次は目指せ1000記事だ!」なんてことは微塵も思っていない。

自分が書きたいなと思った時に、書ければいいし、まったり気負わずに運営していきたい。

しかも、その方が絶対に続くと思う。

今までの人生で、最初に気合いを入れたものほど続いてない傾向にあるからね。

熱は徐々に加えていった方が、いいのかも。

いや、ただの日記に熱はいらないか。

やっぱり、今後も同じ温度でやっていこうと思う。

 

最後に、なんでこのブログのタイトルが「暇なら旅に出よう」なのかを言いたいです。

そんなに長い理由ではないんだけど、俺が地元でつまんない日々を送っていたのを変えてくれたのが、「旅」だったからです。

つまんないバイト生活、人間関係が、旅に出てから一気に変わって行ったのを実感したからです。

でも、なんで「暇なら」を付けたかというと、旅が自分の肌に合わない人だっているからです。

だから、「金も時間も余裕があるけど、なんもやりたいことねえなぁ〜」って人に向けて言っているのかもしれない。

「旅に出たら人生変わるよ!」なんて言おうとは一ミリも思わないが、「暇よりは楽しいよ。」とは言える。

だから、このタイトルを付けたのかもしれない。

あと、「旅」と言うと、長期間の旅を想像されることが多いが、近くの知らない街に行ってみるのも、旅の一つだと思う。

なにしろ、旅の定義は自由だ。

 

とにかく、このブログを読みに来てくれた人には、ありがとうと伝えたいです。

不定期更新で内容もジャンルもめちゃくちゃだけど、読んでくれる人が少しでもいるからここまで続けて来れました。

これからも「暇なら旅に出よう」をよろしくお願いします。